大雨・洪水・ゲリラ豪雨による冠水・浸水被害をシャットアウト! 水門メーカーの高性能止水板

社屋を、資産を、 浸水対策用脱着式止水板Water Shutterウォーターシャッター

止水板(防水板)は冠水・浸水対策に必要です。

近年、気象環境の変動によりゲリラ豪雨や、台風の強大化による大雨や高潮によって冠水・浸水被害が続出しており、2019年の水害被害額は2兆1,500億円と過去最大となっています。ゲリラ豪雨は、短時間の内に周辺の土地の冠水をもたらし工場・オフィスビル・地下街など都市排水計画の安全を脅かし、また、台風などによる大雨では、河川の決壊・氾濫を引き起こし、時に広範囲のインフラが長期間にわたって機能不全をもたらしたりすることもあります。

このような災害を未然に防ぐために講じる対策の一つが止水板の設置です。止水板とは大雨など災害時に、ビル・工場・地下に水が流れ込むのを防ぐ板の総称で、土のう袋設置に替わる簡易的なものから、電動式の高機能なものまで様々な製品が各社から出されています。中部美化企業が提供する止水板、ウォーターシャッター(Water Shutter)は手動脱着式タイプの止水板で、水門メーカーとして長年の経験と実績を基に、ウォーターシャッターの高い止水性能と機能性を実現しました。ウォーターシャッターは簡単に設置できる仕様でありながら、ビル・工場などの建物や地下など様々な条件の現場で浸水を間際でしっかりと止め、お客様の浸水対策を万全にしてくれる高性能な止水板(防水板)です。

浸水対策用脱着式止水板 ウォーターシャッターはこんなお客様に採用頂いております。

ウォーターシャッターは、水害発生時に、水を極力入れたくない、漏水させたくない重要施設内への浸水を防ぐ製品として、BCP対策を検討されている企業様・自治体様から採用いただいています。

  • 製品在庫や高価な機械などが置かれている大規模工場
  • 災害時に稼働維持(もしくは早期復旧)が求められる地下鉄や発電所など社会インフラや公共性が高い施設
  • 広い間口(幅)の場合が多い、地下駐車場入り口や工場敷地出入口
  • 想定浸水高が1m以上見込まれる地域の建物
  • 多くの方が出入りする商業ビル・マンション出入口
  • 高層マンションなど地下電源設備がある建物
こんなお客様に採用頂いております。

浸水対策用脱着式止水板 ウォーターシャッター(Water Shutter)特長

浸水対策用脱着式止水板 ウォーターシャッター(Water Shutter)

1シンプル (軽くて設置が簡単です)

ウォーターシャッターの止水パネルは、中空構造のアルミパネルを採用し、非常にシンプルで1枚の高さが約160mm、重量は1m当たり2.9kgと軽量で、どなたでも迅速・簡単に移動・設置することができます。2mのパネルでも、1枚当たりの重量は5.8kgで、片手でも簡単に持ち運べる重さとなっています。

シンプル(軽くて設置が簡単です)
どなたでも持ち運べる軽さ!
シンプル(軽くて設置が簡単です)
止水パネルを水平方向にワンタッチでロックする新機構により、設置時間が従来品よりさらに短縮!
シンプル(軽くて設置が簡単です)
設置時間は一人で約10分程度
(高さ498mm、幅4,600mmの開口部にウォーターシャッターを取り付ける場合)

2高性能 (高い止水性を誇ります)

独自のダブルロックシステムを採用することで、高い止水性を実現。1m2あたりの1時間漏水量は0.4ℓとなり、これはJIS A 4716漏水量等級最高のWS-6に該当し、手動脱着式止水板(防水板)の中では抜群の止水性能を誇っています。また波や流木などを想定し、衝撃にも耐えられる構造となっています。

※社内実験値であり保証値ではありません。

【資料】JIS A 4716 漏水量による等級基準

等級基準漏水量[漏水量ℓ/(h・m2)]
Ws-150ℓ/(h・m2)を超え200ℓ/(h・m2)以下
Ws-220ℓ/(h・m2)を超え 50 ℓ/(h・m2)以下
Ws-310ℓ/(h・m2)を超え 20 ℓ/(h・m2)以下
Ws-4 4 ℓ/(h・m2)を超え 10 ℓ/(h・m2)以下
Ws-5 1 ℓ/(h・m2)を超え 4 ℓ/(h・m2)以下
Ws-6 1 ℓ/(h・m2)以下

ウォーターシャッターの実験値(0.4ℓ/h・m2

高性能(高い止水性を誇ります)
Pボルト(上下ロック)上下と水平方向からの2点加圧方式により、高い止水性を実現しています。(特許取得済)

3柔軟性 (様々な条件の場所に設置ができます)

開口部が10メートルを超えるような出入口や、スロープがかかっている場所、支障物があることで止水板を直線で置くことが難しい場所にも、止水性能を維持した状態での設置提案ができ、従来であれば設置が難しいといわれる場所でも柔軟に対応できます。また、高さは2m近く(1,968mm)まで対応可能で、浸水想定高が高い地域では特に有効な止水板(防水板)となっています。

幅17.6m、工場入り口での設置例
幅17.6m、工場入り口での設置例中間柱を介して連結すれば、幅は無制限で設置ができます。
コの字型止水板設置例
コの字型止水板設置例出入口シャッターエアーカーテン機材がある場所で提案しました。

水門の設計を多く手がけた当社技術スタッフが、強度計算を基により現場に合わせた最適な部材を選定して、お客様に提案いたします。

実験設備のご紹介

実験設備のご紹介
実験設備のご紹介
当社、試験研究センターの試験水槽は幅6m、奥行2.8m高さ2mと国内でも随一の大きさを誇り、水張試験、波浪試験を行うことができます。2mに迫る水位、波浪状態での止水板の耐久性、漏水量の少なさを実感していただけます。
波浪試験
波浪試験
試験水槽内で、波を発生させることで、過酷な条件下でも止水機能が発揮されていることを確認しています。
衝撃試験
衝撃試験
国際基準FM承認規定FM(Factory Mutual Research Corporation)による耐衝撃試験で、高さ1.15mより重量52.9kgの衝撃体を落下させても止水板の破損、漏水がないことを実証し認められており、浸水時に流れる衝突物にも耐えうる構造となっています。※衝撃試験は別の場所で行っています。

見学も受け付けておりますのでご希望の方は、気軽にご連絡下さい。

ウォーターシャッターの価格例

現地の状況(開口幅、浸水想定高、地域など)を確認したうえで、最適な部材の組み合わせを検討し、搬入費・工事費も含めて費用を算出し、お客様に見積もりいたします。

間口
(開口部の幅)
パネル
高さ
パネル
段数
ウォーターシャッター
価格(製品価格)
1,000mm498mm3段¥851,000
2,000mm498mm3段¥1,235,000
5,000mm988mm6段¥3,366,000
2,000mm1968mm12段¥3,736,000
5,000mm1968mm12段¥7,326,000
  • 搬入費・施工費は別途で地域・施工条件により異なります。
  • 同じ高さ幅でも、設置条件によっては追加の部材が必要になる場合があります。
  • 建築付帯工事は別途となります。
  • 木造戸建住宅など建物によっては対応できない場合があります。

お見積もりは、気軽にご連絡下さい。

ワンタッチ式止水板 ウォーターシャッターライト(Water Shutter Light)特長

求められる止水条件が、開口部が1,900mm以下、浸水想定高さが998mm以下の現場(開口が狭く、浸水想定高も低い場合)には、ウォーターシャッターライト(Water Shutter Light)も適用可能です。従来品(ウォーターシャッター)に比べて価格を抑えながら浸水対策をすることができます。

ワンタッチ式止水板 ウォーターシャッターライト(Water Shutter Light)

1ワンタッチ

上から抑え込むだけの構造で、ワンタッチで簡単に設置することができます。

ワンタッチ
ワンタッチ
板を上からと押して、金具を押さえつけるだけの簡単な構造です。

2コンパクト

従来品(ウォーターシャッター(Water Shutter))に比べて、両側のフレームがコンパクトになり、更に目立たない構造となっています。

設置例
設置例スペースがあまりない事務所入り口(幅1,710mm、高さ667mm)にもコンパクトに設置できます。

3高止水性能

ワンタッチでの設置ながら、止水性能は高く、1m2あたりの1時間漏水量は5.1ℓ、JIS A 4716漏水量等級のWs-4に該当します。

【資料】JIS A 4716 漏水量による等級基準

等級基準漏水量[漏水量ℓ/(h・m2)]
Ws-150ℓ/(h・m2)を超え200ℓ/(h・m2)以下
Ws-220ℓ/(h・m2)を超え 50 ℓ/(h・m2)以下
Ws-310ℓ/(h・m2)を超え 20 ℓ/(h・m2)以下
Ws-4 4 ℓ/(h・m2)を超え 10 ℓ/(h・m2)以下
Ws-5 1 ℓ/(h・m2)を超え 4 ℓ/(h・m2)以下
Ws-6 1 ℓ/(h・m2)以下

ウォーターシャッターライトの実験値(5.1ℓ/h・m2

高止水性能
試験研究センターにて、止水試験を繰り返し、止水性能を確認しています。

ウォーターシャッターライトの価格例

現地の状況(開口幅、浸水想定高、地域など)を確認したうえで、最適な部材の組み合わせを検討し、搬入費・工事費も含めて費用を算出し、お客様に見積もりいたします。

間口
(開口部の幅)
パネル
高さ
パネル
段数
ウォーターシャッター
価格(製品価格)
1,900mm338mm2段¥329,000
1,700mm498mm3段¥396,000
1,600mm667mm4段¥450,000
1,500mm823mm5段¥502,000
1,400mm988mm6段¥548,000
  • 搬入費・施工費は別途で地域・施工条件により異なります。
  • 同じ高さ幅でも、設置条件によっては追加の部材が必要になる場合があります。
  • 建築付帯工事は別途となります。
  • 木造戸建住宅など建物によっては対応できない場合があります。

止水板(防水板)設置事例

地下鉄入り口

地下鉄入り口

場 所:東京都
設置年:2020年
地下鉄構内への浸水被害を防止(内側設置)

ガス会社

ガス会社

場 所:広島県
設置年:2019年
整圧器室内への浸水被害を防止(内側設置)

公共施設(地下駐車場入り口)

公共施設(地下駐車場入り口)

場 所:石川県
設置年:2019年
地下駐車場への雨水の浸入を防止(内側設置)

マンション

マンション

場 所:東京都
設置年:2019年
マンションへ建屋内への水の浸入を防止(内外設置)

工場

工場

場 所:神奈川県
設置年:2020年
工場全体の水の浸入をから守るために正面メインゲート部に設置(内側設置)

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム

場 所:東京都
設置年:2018年
施設内への水の浸入を防止し入居書様を守る(外側設置)

浸水対策用脱着式止水板 ウォーターシャッター特殊設置事例

床がスロープ状になっていたり、曲がり角が必要な複雑な構造であったり、設置スペースに制限がある現場も、付属部品を組み合わせることで柔軟に取り付けることができます。

高さ2mの浸水想定高の現場

高さ2mの浸水想定高の現場

開口幅が広い現場

開口幅が広い現場

開口幅が8mの工場出入り口にとりつけました。

直立式サポート

直立式サポート

控え式サポートが使えない場合

天井式サポート

天井式サポート

中間柱が取り付けられない現場に

ワイヤー式サポート

ワイヤー式サポート

背面に中間柱が取り付けられない現場に

曲がり角に独立式柱を使用して止水板を設置した事例

曲がり角に独立式柱を使用して止水板を設置した事例

浸水対策をしたいがどのような対策をしていいのか分からない場合でも、弊社スタッフが現地地盤高、建物構造などを調査し、止水板(防水板)の設置が必要な箇所、浸水防止高さの提案などさせていただきます。

〈その他の提案例〉

  • 広い敷地の外周で浸水対策をしたい場合、外周に擁壁(止水壁)を設置し、車両出入口にウォーターシャッターを設置します。その場合、外周止水壁は丸栄コンクリート工業(株)製品、(株)光建製品を提案します。
  • 地上だけでなく、地下を通る排水管からの逆流防止が必要な場合、弊社製品のフラップゲート(逆流防止弁)なども合わせて設置する提案をします。

こんな現場にも取り付けられるかな…迷ったら気軽にご連絡下さい。

浸水対策用脱着式止水板 ウォーターシャッターの設置方法

高さ1,478mm、幅6,000mmの開口で、中間柱を設置する場合の設置手順です。

1サイドフレームの保護カバーをワンタッチレバーを使用して取り外して下さい

ワンタッチレバー

サイドフレームの保護カバー

2下部フレーム上・もしくはサイドフレーム下部の砂取りやゴミ等を簡単に掃除して取り除いて下さい

下部フレーム上

サイドフレーム下部

3中間フレーム設置(ドライバー・ラチェットレンチは道具箱に入っております)

中間フレームベース中央のカバー
中間フレームベースの中央にあるカバーをはずします。(ドライバーでネジを緩めて下さい。)
サポートBの蓋/ロックピン
サポートBの蓋を開けて、中にあるロックピンを取り出して下さい。
ベース凹部
中間フレーム下部の突起部をベース凹部に押込んで下さい。▶と◀を合せて、時計回りに90°回します。
付属のラチェットレンチ
付属のラチェットレンチを使い、中間フレームを六角ボルトで締め固定して下さい。(ステッカーの説明をご確認下さい。)
控え柱の固定ノブ
控え柱の丸い固定ノブを回して、控え柱の長さと位置をしっかり固定します。
中間フレームの設置完了
中間フレームの設置が完了いたしました。(この後止水パネルを設置したのちに、Pボルトを中間フレームに入れて止水パネルを下方向へロックして下さい。)

4止水パネル挿入(全体の高さが1,835㎜以上の場合、Pボルトすきま押え金具を忘れずに取り付けて下さい)

止水パネルを挿入します。
止水パネルは2種類あり、最下段の止水パネルと、それより上の止水パネルがあります。
「最下段」の表示のある止水パネルを、一番下に設置します。
挿入時、厚いゴム部分が下(床側)になるようにはめ込んで下さい。

最下段止水パネル ⇒ 上止水パネルの順に設置して下さい。

止水パネル断面
止水パネル断面

5サポート設置(ドライバー・ラチェットレンチは道具箱に入っております)

サポートA、サポートBの蓋
サポートA(下部フレーム側)とサポートBの蓋を開けて下さい。(サポートBの蓋を開けるとロックピンが入っているので取り出して下さい。)
サポート本体を差し込みむ
サポート本体をサポートAの穴へ上から差し込みます。この時カチッと音がするまで差し込んで下さい。
サポート仮固定
サポートのPボルト金具を、止水パネル上部の凸部に合わせたのちにPボルトを軽く締めて、サポートを仮固定して下さい。
控え柱の長さと位置をしっかり固定
控え柱の丸い固定ノブを回して、控え柱の伸ばした長さと位置をしっかり固定します。
サポートのPボルトを締め付け
サポートのPボルトの締め付けはサイドフレーム側のPボルトを締め付けた後に、適当な位置まで締めて下さい。

6Pボルトを締め付けて下さい

サイドフレーム(及び中間フレーム)にPボルトを差し込み、蝶ネジを廻し止水パネルを下側へ押し付けて下さい。(サポートのある場合も、蝶ネジを廻し締め付けます。)

Pボルト

締め付け治具(ガチャガチャ君)
締め付け治具(ガチャガチャ君)を使う。
Pボルト
締め付けた状態。

7ワンタッチレバーでパネル全体を締め付けて下さい

次にサイドフレームにあるレバー挿入口にワンタッチレバーを差し込んで、止水パネル全体を水平方向へ押し込んでロックして下さい。(中間フレームのある場合も同様です。)

ワンタッチレバー

ワンタッチレバー

ワンタッチレバー

8設置完了

設置完了

高さ約500mm、幅約4.5mの開口部にウォーターシャッターを取り付ける場合、設置時間は約10分程度です。
ご使用後は所定の保管場所に戻しメンテナンス事項に基づいて保管してください。

メンテナンスとフォロー体制

  • 製品の保証期間は2年間となっており、期間内に不具合が生じた場合、無償修理・交換対応いたします。保証期間経過後は、有償で修理・交換をさせていただきます。
  • 基本的に長くお使いいただける製品となっておりますが、年に1~2回程度、設備の点検をお願いします。また設置訓練もするようにしてください。
  • 台風など災害が予測される前日など急な修理対応はできない場合がありますので、早めに修理の依頼をお願いします。
  • 止水パネルについている水密ゴムは、耐久性が10年~15年となっており※ますので、10年を目途に交換をしてください。(有償で交換対応いたします)※日光に常に当たる場所など、保管場所によってはゴムの劣化が早まる可能性があります。
  • 製品の不具合が生じた場合は、当社担当までご連絡いただきますようお願いいたします。状況を確認の上、現地もしくは当社工場での修理・交換対応をさせていただきます。
  • 北海道・沖縄・離島などでウォーターシャッターを導入されたお客様は、対応に時間がかかる可能性がありますので、早めのご連絡をお願いいします。

お問い合わせ~打合せ~設置までの流れ

お問い合わせ

  • お電話・メール・HPからのお問い合わせ。
  • 現地の情報(図面・写真など)を見せていただければ概算の見積もりをすることも可能です。
  • 担当員の予定を確認し3日~10日程度での訪問調整をさせていただきます。
  • 北海道・東北・九州地区は訪問にお時間がかかる場合があります。

製品説明と現地確認

  • 担当員が、サンプルをお持ちし、製品の説明をします。
  • 実際に重量・使いやすさを確認いただくことができます。
  • また、現場にて開口幅、浸水想定高、その他状況、お客様の要望を確認します。

ご提案・お見積り

  • 最適な部材構成を検討し、3日~1週間程度で提案・見積書を提出いたします。

止水性能確認

  • 当社試験研究センター(愛知県)で止水性能の確認や、様々な状況に応じた設置事例を確認することもできます。

ご注文

  • 見積内容にご納得いただきましたらご契約となります。
  • 製品に関しては、基本的にご注文後の製作になります。
  • 納期約2か月。同時に工事予定日についてお打合せをさせていただきます。

詳細現場測量・図面作成・施工準備

  • 必要に応じて現場の再確認・測量・詳細図面の作成を行います。

施工

  • 施工協力会社のネットワークを使い基本的に北海道・沖縄・離島などを除く地域で施工対応可能です。※北海道・沖縄・離島は、製品販売のみとなる場合があります。

設置説明会

  • 設置工事後、お客様にお立合い頂き、取付説明を行い引渡しとなります。

お見積もりは、気軽にご連絡下さい。

NEWS詳細

    ページトップ